(公社)岐阜県ビルメンテナンス協会の設立目的

 当協会は1966年(昭和41年)に任意団体として会員5社によって産声を上げ、その後1981年(昭和56年)10月に岐阜県知事の許可により社団法人として設立しました。その後、公益法人制度改革関連三法の施行に伴い公益認定を取得し、2012年(平成24年)6月からは、「公益社団法人岐阜県ビルメンテナンス協会」として新たにスタートを切りました。

 岐阜県ビルメンテナンス協会はビルにおける衛生的で健康かつ快適なる生活環境を図るため、建築物における衛生的環境の確保に関する正しい専門的知識と技術の普及を促進し、環境衛生の向上に寄与することを目的としています。

協会のあゆみ

1966(昭和41)年 4月 岐阜県ビルメンテナンス協会創立参加5社
1968(昭和43)年 6月 社団法人全国ビルメンテナンス協会加入
1970(昭和45)年 4月 建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行
1972(昭和47)年 7月 警備業法施行(届出制)
1981(昭和56)年 10月 社団法人を設立 会員18社 賛助会員8社 事務局を岐阜産業会館内に開設
1982(昭和57)年 5月 職業訓練法施行令改正 ビルクリーニング技能士が国家検定になる
1984(昭和59)年 1月 機関紙「ぎふビルメン会報」を創刊
1991(平成3)年 2月 ビル設備管理科訓練始まる
1993(平成5)年 10月 日本標準産業分類の改定で「8641ビルメンテナンス業」が独立
1994(平成6)年 4月 医療関連サービスマーク(院内清掃サービス)制度発足
1997(平成9)年 7月 労働時間短縮自主点検事業団体に指定される
1995(平成11)年 11月 労働省シニアワークプログラム受託事業「オフィスクリーニング技能講習」を実施
2005(平成17)年 2月 貯水槽清掃作業従事者研修登録機関として厚生労働大臣登録
2008(平成20)年 5月 第1回長良川清掃活動
2010(平成22)年 7月 岐阜県特別支援学校への技術支援協定を岐阜県教育長と締結
11月 第1回多治見市清掃活動
11月 第1回大垣市清掃活動
2011(平成23)年 2月1日 貯水槽清掃作業従事者研修登録機関として厚生労働大臣登録を更新
5月 平成22年度第2回通常総会にて公益社団移行を決定
2012(平成24)年 5月 公益社団法人として岐阜県知事認定(生衛第99号)
6月 公益社団法人に移行
10月 各務原養護学校支援協定締結
特別支援学校清掃マニュアル作成
貯水槽清掃作業従事者研修テキスト発行
2013(平成25)年 2月 地震等緊急時マニュアル発行
2014(平成26)年 BCP(事業継続計画)策定開始
2015(平成27)年 6月 岐阜県と「災害時における避難所等の清掃及び消毒等に関する協定」締結