航空写真
組合会館
 全国各地で消費されている美濃焼の流通システムの合理化と近代化を計る為、総額43億円を投じて昭和50年11月に「多治見美濃焼卸センター」としてオープンしました。
 以来着実に発展し、全国でも屈指の同一業種卸団地として認められ、各方面より今後の期待を一心に寄せられています。
 現在、当卸センターより生産配送される美濃焼は、多種多様にわたり和・洋食器、タイル等が消費者の皆様に届けられ、幅広い利用度と使いやすさで大変喜ばれ食生活の中でも重要な必需品として位置付けられています。
 将来に向かって美濃焼が一層なじみ深い物になる様にさまざまな研究と努力が図られ、消費者ニーズにマッチした機能、デザインの器が生み出されています。

多治見美濃焼卸センター

施設総面積
159,411平方メートル
組合員
組合員企業      37社
準組合員企業   10社
賛助会員企業   28社

組合会館

会館総面積
2,647平方メートル
1階
大ホール
会議室
美濃焼スクエア
郵便局
売店
事務室

2階
大会議室
中会議室
第一小会議室
第二小会議室
第一和室

組合員企業

準組合員企業

賛助会員企業

  • 有限会社 陶都物流サービス
  • 株式会社 八木
  • 株式会社 浜屋
  • 中部メック 株式会社
  • 株式会社 内職市場
  • 大和輸送 株式会社
  • 浅間製作所
  • 株式会社 LifeLine
  • 株式会社 ライズカンパニー
  • グラニット
  • 株式会社 ウイング
  • セブン-イレブン
  • 有限会社 A.フォース
  • 株式会社 ファシック
  • 株式会社 ピッツ
  • ワイケーホールディングス 株式会社
  • 東進ゼミナール
  • 東濃信用金庫
TOPへ