陶器を選ぶなら美濃焼、焼き物全国一の産出を誇る岐阜県土岐市からお届けします

美濃焼>焼き物のできるまで
工程 磁器 石器 陶器 土器
1.土をつくる 不純物が少ない磁土。
きめ細かく滑らかだが、成形しづらい
吸収性が少なく、高温で焼くとよく焼き締まる 土は土器と同じ。
粘着性が強く成形しやすいものが適する
土は吸水性があり、土をよくこねて空気を抜いて成形に入る
2.成形 手ろくろ、機械ろくろ、ローラーマシン、鋳込み ろくろ成形
乾燥すると、ひとまわり縮んでしまうので大きめに成形する
ひもつくり、たまつくり、たたらつくり、手びねり、ろくろ成形など ひもつくり、ろくろ成形
3.削りと装飾 削り仕上げ   縁や高台などを削り、取っ手をつけたりなどの装飾をする。 ヘラで模様をつける
4.乾燥 天日干し、自然乾燥、熱乾燥    
5.素焼き 800〜900度     素焼きのときの温度は高くても1000度以下
6.下絵付け/釉掛け 手描き、転写、パット印刷、ゴム板、銅板 ワラをのせて焼き、景色と付ける 手描き
7.本焼 約1300度で高温焼成 1000度前後から1200度ほどで焼成。
焼きしめものは素焼きをせずに、すぐ本焼きする
釉薬は溶けて表面にガラス質の層をつくる
8.上絵付け 手描き、転写、イングレーズ
9.上絵焼成 絵付け窯
600〜800度の低温焼成




組合紹介官公需適格組合高強度磁器美濃焼直営店美濃焼土岐市案内イベント案内