陶器を選ぶなら美濃焼、焼き物全国一の産出を誇る岐阜県土岐市からお届けします

美濃焼>焼き物の扱い方
新しい器を使うとき
焼き物の扱い方
糸底の処理
器の高台(糸底)は、普通釉薬がかかっていないため、台や膳を傷つけてしまう恐れがあります。
多くは処理をしてから販売されていますが、処理をしていない場合には、紙やすりで高台を削り、滑らかにしてから使用しましょう。
最初は粗い紙やすりを使い、細かい目のもので丁寧に仕上げましょう。


陶器は使い始めに番茶で煮る
陶器は使い始める時に、番茶で煮ると丈夫になるといわれています。
鍋いっぱいの水を満たし、ほうじた番茶を入れ、陶器を沈めます。1時間ほどコトコト煮て、そのまま冷やしてから洗います。
備前や信楽などの陶器は締まって丈夫になりますが、楽の場合だけは柔らかくなり痛むので気を付けましょう。

使い終わったら
洗い方
なるべく洗剤は使わずお湯で丁寧に洗うことが望ましいのですが、脂っこい料理などでは中性洗剤を薄めて、柔らかい布巾かスポンジでさっと洗い、よくゆすぎましょう。
クレンザーは器を傷つけるので使わないこと。
手垢のつきやすい外側た糸底まで丁寧に洗い、常に清潔を心がけましょう。


盛り付け前の工夫
盛り付ける前に水を張る
冷たい料理を盛り付ける時は、三十分ぐらい前から器に氷水を張っておきます。
冷たい料理を冷たいままで出すこと以上に、料理の匂いが器に移らないための心遣いです。乾いた器に魚の切り身などを置くと生臭さが落ちませんが、こうしておくと水がガードしてくれます。
暖かい料理を盛る時は、五十度ぐらいのお湯を張って、器を暖めながら水を染み込ませておきましょう。陶器や貫入の入ったものなどは特に注意が必要です。


収納の方法
重ねて収納する時
青磁や白磁などの傷がつきやすい器や絵付けされている器などを収納する時は、さらしなどを小さく切った小布か柔らかい紙を器の間に挟んで重ねます。
あまりたくさん重ねずに、五客ほどにします。


器の直し
大切な器を割ってしまった時は、慌てず割れた欠片を全て集めましょう。漆(うるし)や金・銀でつぐ事ができます。
修理法は接着剤で張り合わせたところに漆を塗って金箔を置きます。専門店や漆器屋などに修理に出してみましょう。
十月の名残の茶事には、金や銀でつないだ器を使ってもよいとされています。




組合紹介官公需適格組合高強度磁器美濃焼直営店美濃焼土岐市案内イベント案内