HOME > 施設紹介 > 森林資源活用センター> 施設について

  森の発電所(森林資源活用センター)は、1企業の主導ではない共同利用による組織として国内で初めて設立された「木質バイオマス」を燃料とした発電所です。
  岐阜県白川町を中心とする地域には多数の製材工場や建築業者が存在し、「東濃ひのき」の生産流通拠点を形成しています。
これらの工場から発生する、端材・おが粉・樹皮などの一部は有効利用されていますが、残りは廃棄物として処分されていました。「東濃ひのき製品流通協同組合」ではこれらを燃料として利用することで、木材資源を余すところなく100%活用します。

   
 森の発電所は、新エネルギー等発電設備認定(RPS認定)を取得しています。バイオマス燃料は、風力・太陽光などと共に環境保全に寄与するエネルギーとして「新エネルギー等利用法」で定められています。東濃ひのき製品流通(協)の工場ではこの電力を使用して製品加工等を行い、余剰電力は電力会社へ供給しています。化石燃料の使用を抑制することとなり、地球温暖化防止にも貢献します。
 
 破砕設備  3t/h
 チップサイロ  200m3
ボイラ 燃料
  燃料使用量
  蒸気発生量
  蒸気圧力
木くず
2.5t/h
7.5t/h
1.96MPa
発電機  
  出力
  回転数
  電圧
 
600kw
1,800rpm
6,600V