メガネ選び メガネ辞典 街のメガネ屋さん とくとく情報
岐阜県メガネ組合
お問い合わせはこちらまで
ホーム

めがね君のメガネ辞典 メニューへ
老眼に関する疑問 編


近くを見る時、目の水晶体はピント合わせをします。これを調節といいますが、年齢を重ねるとともに徐々に調節力が弱まり、手もとが見づらくなります。これを老眼といい、正視の方では40代から始まります。ここでは老眼に関する疑問にお答えします。

老眼とはどんな目ですか?
年齢とともに眼の調節力(ピントを合わせる力)が弱くなり、手元の文字などが見にくくなるのが老眼です。一般的には40代から老眼が始まります。メガネをかけたくないと我慢していると、眼精疲労、肩こり、頭痛、集中力や根気がなくなるなどの原因になります。

遠視の人は早く老眼になりますか?
近視の人は老眼になりにくいですか?
近視、遠視、乱視に関係なく水晶体の調節力は弱くなり、全ての人が老眼になります。しかし物を見るときの距離が、近視の人は近く、遠視の人は遠くになるので、遠視の人は早く老眼になります。

既製の老眼鏡は目に悪いのでしょうか?
既製のものでも、たまたま見えるメガネがあるかもしれませんが、左右の度数の違いや、乱視に対応できないものが多くあります。また目の中心とレンズの中心が合っていないため、短時間の利用ならば構いませんが、やはり正確な視力測定をうけ、あなたの目に合ったシニアグラスを作りたいものです。

シニアレンズを用途で選ぶ
シニアレンズといっても、レンズタイプによって見える広さや奥行きが違います。仕事や趣味などライフスタイルに合わせて快適なレンズを選ぶことが大切です。
レンズが違うとこんなに視野や奥行きが違います
近用専用レンズ
近用ワイドレンズ
中近両用レンズ
遠近両用レンズ
手もとしか見えません。 手もとがより広い視野で快適に見える手元専用レンズ。 手もとから2〜3Mぐらい先まで広く快適に見えるので便利です。 視線の使い方で遠・中・近いずれも見え、便利で快適です。
●手芸・裁縫
●細工仕事
●読書
●読書・新聞
●デスクワーク
●パソコン・ワープロ
●家事
●診療用
●パソコン・ワープロ
●カラオケ・将棋・琴
●日常生活
●ビジネス
●ショッピング
●ドライブ