新着情報
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
新着情報
■「過重労働による健康障害防止のための総合対策」の一部改正について(岐阜労働局安全衛生課)
 過重労働による健康障害防止のためには、時間外・休日労働時間の削減、年次有給休暇の取得促進等のほか、事業場における健康管理体制の整備、健康診断の実施等の労働者の健康管理に係る措置の徹底が重要です。また、やむを得ず長時間にわたる時間外・休日労働を行わせた労働者に対しては、面接指導等を実施し、適切な事後措置を講じることが必要です。
 厚生労働省では、平成18年に「過重労働による健康障害防止のための総合対策」を策定して対策を推進しておりましたが、同対策の一部改正が行われ平成20年4月1日から、常時50人未満の労働者を使用する事業場においても長時間にわたる時間外・休日労働を行った労働者に対する面接指導の実施が義務づけられました。

 詳細につきましては、以下のホームページをご覧いただき、過重労働による健康障害防止の推進に格段のご配慮をいただきますようお願いします。

 厚生労働省ホームページ
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/index.html

 ■問い合わせ先
  岐阜労働局安全衛生課(TEL:058(245)8103)





▲ページ上へもどる