新着情報
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
新着情報
■「研修生及び技能実習生の入国・在留管理に関する指針(平成19年改訂)」につい(法務省入国管理局)
 法務省入国管理局では、近年の研修生や技能実習生を低賃金労働者として扱うなど、一部の受入れ機関により不適正な受入れが行われ、研修生・技能実習生が被害者となる事案が増加していることなどから、平成11年2月に策定した「研修生及び技能実習生の入国・在留管理に関する指針」を平成19年12月に改訂し、受入れ機関が留意すべき事項などをより明確にするとともに、「不正行為」に該当する行為についても明確化が図られた。


  ※具体的な内容については、下記をご覧ください。(法務省HP)
    http://www.moj.go.jp/PRESS/071226-1.htm



▲ページ上へもどる